NISAと積み立てNISA

よく耳にするようになったNISAですが、銀行に行くと冊子が置いてあったり何かよくわからないけれど、どうも株式関係のことのようで・・・これは知らないといけないのでは!と調べてみることにしました。

少額非課税口座、これがNISAの正体!
証券(株式、債券など)、インデックス投資などは購入すると利益に対して(売った利益や株式の配当など)20%の税金がかかってきます。
その税金がかからないというお得な口座です。
株式の購入にあたって税金はかなりのネックです。
税金がかからないことで、証券へのハードルがかなり下がりますね。

この口座には、NISAと、積み立てNISAがあります。
ざっくりいうと短期投資向けか、長期投資向けか。
NISAは年間投資枠は120万円、運用年数は5年、
積み立てNISAは年間40万円、運用年数は20年間
というのが特徴です。

短期と長期ってなに??と言うことろですよね。
短期投資は、短い期間で株価が下がったところで購入、上がったところで売る、と言うのを繰り返して利益を上げることです。
反対に長期投資は、一度購入したら、年スパンでなが〜く保有すること。それによって、株式を発行している会社から配当を受けたり、優待を得られたりすることを目的とするものです。

どっちかというと短期投資の方が「株で儲ける」と言うイメージですよね。
短期投資はギャンブルの要素が大きく、ドカンと上がってドカンともうける!
みたいなイメージです。
ですが、短期投資は初心者にはとても難しい!
毎日経済の動向を見てもなかなかわかるものではありません。

ですので投資初心者には、どちらかというと長期投資がおすすめ。
株式は一度保有すると株価の上下が気になってしまいますが、そこをグッと堪えて配当をもらうことを目的にしていけば長期的にはそこまで大きく損は少ないようです。
私は長期投資の積み立てNISAにすることにしました。

ここで更に、積み立てNISAで購入するべきものですが、
自分で個別銘柄を購入するのは少々難しいですよね。
ですので株式については、インデックス投資をするのが良いようです。

インデックス投資はいろんな株式が詰め合わせになっている、色々おかずの詰め合わせ弁当見たいなものです。
これのいいところはいろんな株式に一度に投資できること。

そんな中でも全世界株という、世界中の優良企業にちょっとずつ投資できるお得なものがあります。
これが積み立てにはちょうどいいようです。
なぜかというと、世界の経済はずっと少しずつ右肩あがり、日本の経済は今は縮小してなかなか上がっていません。
その点世界に目を向けると、ずっと上がり続けているアメリカや、中国など、世界はまだまだ経済が上がっていっているのです。
そしてこういった株式投資は、15年以上の長期投資をすると理論的にはプラスになるという結果が出ているのだとか。

まだまだ、勉強中の事ばかりですが、
ちょっとずつ世界の経済に投資しつつ将来に向けての投資をしていこうと思います。

カテゴリー: タグ: , , , , パーマリンク